送り火

お盆はずっと仕事 そう言っておきながら火曜から体調を崩し 木曜は仕事を休んでしまった 夜は熱にうなされ息子と遊ぶことも出来ず 申し訳ないことをしたと思いつつ もしかしたら妻が 『お盆の間は私が見るから休んでて』 と言ってくれているのかもしれないと… 息子はいつもに比べると駄々もこねず 相手にしてあげられない割には良い子で 本当にそうなのかな?と思ってしまった まだ妻は夢に出…

続きを読む

嬉しさと儚さと

お盆の準備をした 『いつも近くで見守ってくれている』 そう信じ、そう思っているはずなのに お盆に迎え入れる準備をするという そんな矛盾に苦笑いをしながら準備した 夫婦の予定が法要やお盆しかないなんて そう思うととても儚い気持ちになる あまり堅苦しい形式にはこだわらない きっと妻もそんなこと望まないだろう 面倒くさいと思いながらも 形式のために一度天国に戻ってる頃だね 去年買…

続きを読む

短い夏休み

今日はこれから息子と恐竜展に行く 以前から約束していた恐竜展だったが 昨日の夕方から熱を出してしまった 『熱があったら行けないから寝てようね』 そう言って昨日は静養に努めた 夜中はまだ身体が熱かったけど 朝起きたら平熱に下がっていた 何という気合いなんだと笑ってしまった 『お熱ないから恐竜行くー!』 熱がない自覚もあるようだ 夏休みのない仕事だから寂しいだろうな… 今日は息…

続きを読む

セミの涙

天気が良すぎて暑いので家でゆっくり と思っていたが…ゆっくりする筈もない息子 ギネス認定【世界一大きな金魚すくい】が 駅前で開催の日だったので 久しぶりにバスに乗って駅まで行った バス停の横の木にセミが止まっていた 数日前から急に始まったセミの大合唱 僕    『セミの鳴き声うるさいね』 息子『セミさんは何で泣いてるの?』 僕    『何…

続きを読む

2人の休日

関東は梅雨明けの発表はなかったけど 久しぶりに天気に恵まれた公休日 予報で降らないことは分かっていたので 保育園を休ませ遊びに行く約束をしていた いつもより1時間遅い6:30に 『パパ~ゆとりの森行かないの?』と… 『行くけど…マダハヤイ(心の声)』 このやり取りが数回繰り返され 結果的には負けることになる 早い時間の方が涼しいからと奮い立たせ お気に入りの公園で3時間、目…

続きを読む

546日

久しぶりに太陽を見た 今日は月命日 何回目の月命日と数えることが 意味のあることなのか 僕には分からない だけど17日だけは まだ仕事をする気にはなれない あれから546日 家の中も、家から見える景色も あの日のままのところもあり あの日から変わったところもある 周りの時間は流れていても 僕の時間は止まったままだ 逢いたいな… 声が聴きたいな… 温もりを感じたい…

続きを読む

メンタルクリニック

同じ経験をされている方のブログを見ると 多くの方が定期的に病院に通っている 遺族会のようなものに行った時にも聞いた 安定剤や睡眠導入剤の処方について でも僕は妻が居なくなってからも 眠れない夜はなかった 時々、寝付けない夜はあったけど 薬を処方してもらう必要性は感じていない 職場でご主人が癌を患い退職する方がいる ご主人は既に転移もあり 残された時間もそう多くはないとのこと …

続きを読む

久しぶりに梅雨らしい天気が続く あの日も雨だった 冬の冷たい雨だった どんな季節でも 雨はあの日がフラッシュバックする でも息子は カッパに長靴を履いて 楽しそうに水溜まりを歩く 最近は傘をさせるようになり より雨が楽しくなっているようで 朝起きて雨だと喜ぶ あの日が雨だったことは 息子には伝えないでおこう 雨の日は公園には行けないけど 地元にとてもいい場所があった …

続きを読む

思い出は誰のため?

妻の病気が分かってから 転移が分かってから 余命を伝えられてから 体調と相談して可能な限りではあったが 妻が行きたいと言った色んな所に行った 美味しいものをいっぱい食べに行った 息子との写真をいっぱい撮った たくさん息子の将来の話をした ありったけの愛を伝えた 全ては妻の為に… 生きているうちに出来ることを… そう思っていた でも違った 妻の為にと思っていたこと…

続きを読む

独りだけど、独りじゃない

月曜日の夜から息子が高熱を出していた 火曜日に受診をして解熱剤を処方されたが あまり効果はなかった 小児科に受診をすると見てしまう おくすり手帳や母子手帳をめくり 妻と一緒に来た頃の記録と記憶が なんとも言えない気持ちになる 咳や鼻水はなく、ただ40℃近い熱が続く 珍しく食欲が全くなく、水分も少量 やっと昨日少し食べたと思ったら大量嘔吐 息子とシャワーを浴びてから シーツや…

続きを読む