パパカレー

久しぶりの3連休 コロナの襲来から殆ど休んでる気がしなかった 息子にも寂しい思いをたくさんさせていた 特に保育園は今週から強い自粛要請が出ており 市からも職業が預かりの条件となる手紙が入り 月曜日からは人数も少なく不安そうでもあった 僕は1人親なこともあり、職業も含まれており 登園に関しての障害はなかった 感染のリスクが高い仕事なので怖さは正直ある でもこんな状況でも仕事がある…

続きを読む

新年度

息子は無事に進級 大好きだった先生が異動になり別れの春だったけど 子供なりに頑張って向き合ったみたいで 今日は新しい出会いの先生と遊べたと喜んでいた 世の中は新型コロナウイルス1色 僕も仕事柄、気が休まることのない日々だ 世の中が非常事態だと思っている時に 『かつてない』『前例にとらわれない』『大胆な』 『思い切った』『迅速な』政策が総理大臣から発表 一世帯にマスク2枚を配布!…

続きを読む

被災地の虹

東日本大震災から9年 2020年3月11日14時46分 被災地の空に虹がかかった もし、妻の命日の空に虹がかかったら… そう想うと涙が溢れて止まらなかった 辛く悲しく寂しく悔しい想いをしてきたはず でもその虹を見た瞬間だけは 喪った大切な人に 逢えたんじゃないかな 奇跡ってあるんだ 生きてることも悪くはない

続きを読む

4年前

4年前の今頃 妻と僕は絶望の縁を彷徨っていた 癌の告知を受け 手術までの3週間 真っ暗な世界にいた 一生懸命、前を向こうと思っても すぐに言葉に詰まってしまう でも… 想像を絶する思いをしてた妻には申し訳ないが 今から思えば… 僕にはそれでも幸せな時間だったように感じる 約2年の闘病 どの季節にも辛かった思い出がある 覚悟はしていたつもりだが それでも別れは突…

続きを読む

4年に1度

今月は1度もアップしてなかった💦 特に何があった訳でもありません 何もなさ過ぎたのと 気候のせいなのか寝落ちも多く 今年が閏年じゃなかったら 今月の投稿なしになるところだった💦

続きを読む

記念日反応

あの時と同じような気候 あの時と同じような風の匂い あの時と同じような夕焼け あの時と違うのは妻がそこに居ないことだけ 妻の呼吸が止まった時  一瞬笑ったかと思うような穏やかな顔になった ナースコールで先生を呼んで待つ間に 病室の窓から見た夕日は 今から思えばとても綺麗な夕日だった そして1年後の命日に 妻が旅立った時間に合わせて手を合わせた その時に家から見た夕日も綺麗だ…

続きを読む

三回忌

あの日から2年 もう2年前の思い出にも妻はいなくなる 日々は忙しくあっという間に過ぎていくが 妻と会えなくなってからの2年は 途方もなく長い年月に感じた あの日の夜 寒い夜だった 例えようのない不安や恐怖に襲われながら 病院から持ち帰った妻の洋服を抱きしめ 妻の枕、妻の布団で横になった もう会えない もう声を聴くことができない もう手を繋ぐことさえできない 例え歩けなく…

続きを読む

声が聴きたい

何とか年末年始を切り抜けました 本年も宜しくお願い致します🙇 世の年末年始は 何処に行ってもカップルかお父さんお母さん子供で… そうじゃなくてもそう見えてしまう いつもながら少し伏し目がちになる自分と そんなの関係なしの無邪気な息子 救われっぱなしの毎日でした この子のためにも胸を張って生きなきゃ 笑顔で生きていかなきゃ 不幸な子ではなく、愛されている子なんだと 空にいる母…

続きを読む

ありがとうございました

無事にクリスマスが終わった 1人サンタの寂しさと使命感 それでも息子の無邪気な喜び方に救われる クリスマスの前には2回目の2人旅にも行った なんで2人になっちゃったんだろう… 考えても答えもなければどうにもならない だけど想わずにはいられない きっとこの僕の拙いブログを読んでくれている そう多くはない方々も 同じような気持ちでこのクリスマスから 年末年始を過ごしているのかな …

続きを読む

23回目の月命日

街はクリスマス一色 3年前まで嫌いじゃなかったこの季節 今では色のないクリスマス 人恋しい年の瀬 めでたいとも思わない新年 きらびやかな街とは正反対な自分の心 目的地もないのに向かい風に向かって歩いてる様な この季節はやっぱりキツいなぁ クリスマスプレゼントに悩みたかったな 初詣はどこに行こうか迷いたかったな 手を繋いで歩きたかったな もっと一緒にいたかったな

続きを読む