サンタへの手紙

クリスマスも無事終了

イブに思わぬプレゼントが届いたり

お隣さんや、職場の同僚から長靴お菓子が4個

そしてメインのサンタも寝落ちせず頑張った

プレゼント選びから準備、実行まで

全部1人でやらなければいけないので

まず喧嘩になることはありません

でも、それが空しくもあります

息子の喜ぶ顔だけが嬉しくて

この嬉しさを共有できる人がいないことが

寂しくて悔しくて申し訳なくて

結局はそこに行き着く

それでも一昨年より去年

去年より今年

気持ちは少しずつ前向きになってる(はず)

思い通りにならないことは多いけど

そんな時はまた明日頑張ればいい

そう思えるようになってきた

それが妻のいない日常を生きてきた

今の僕の現在地

息子がサンタさんに手紙を書きたいと言い

まだ字が書けないからパパ書いてと

何て書けばいいの?と聞いたら

『サンタさんへ…コロナだけど来れますか?』

『プレゼント待ってます。◯◯◯』

年配であろうサンタの心配する優しさを漂わせながら

ただただプレゼントが欲しいだけ!

そんな息子が大好きです
20201225_225851.jpg

この記事へのコメント

  • ノア

    margaritaさんへ

    コメントを読んでいる途中で【削除】に指が触れてしまったようで、全て読み終わる前に消えてしまいました。
    申し訳ありません。。
    またコメント頂けると嬉しいです。
    2020年12月26日 23:52
  • margarita

    同じように書けるかどうか、自信がありませんが…

    サンタさんへの手紙は、ノアさんがそのまま奥様へ宛てた手紙そのもののように、私には伝わってきました。

    Present(現在)は、Present(🎁ギフト)なのだと、心から思います。

    LINEやリモートなど、オンラインでのコミュニケーションはもちろん素晴らしく便利になりました。
    人との接触が制限されたこの一年。
    新しい技術が無ければ、私達の生活はどれほど不自由で窮屈だったろうと思います。

    一方で、実際に人と顔を合わせて直接言葉を交わせる事。
    自分が発した言葉が目の前の相手に届く事、相手の声を直接耳で聴けること。その時に味わえる安心感。
    私も、一つ一つの出来事が、珠玉の時間であると実感して止みません。

    ノアさんも、一番そう感じておられると思います。

    温かい心を込めて、新年も少しずつ笑顔の波紋が広がっていくように、心から願っています。
    2020年12月30日 21:15
  • ノア

    >margaritaさん
    ありがとうございます。
    先日は誤ってコメントを削除してしまい申し訳ありませんでした。
    そうですね…現在(いま)があることが何よりかけがえのないプレゼントなんだと思います。
    margaritaさんは特にその想いも強いのではないかと思います。僕は妻の病気が分かってからの2年間が、それまでの7年間よりも何倍も夫婦で居れたと思っています。
    これからもずっと、こうやってお話できるよう心から願っています。
    穏やかに、よいお年をお迎え下さい。
    2020年12月31日 15:05