誓いを守る

今日は妻のいとこの結婚式だった

まだ結婚式は辛いな…

いつになっても辛いんだろうな…

去年の後輩の結婚式は泣きじゃくったけど

今日は気持ちを違う方に持っていくことが

出来るようになっていた

それだけでも成長かな

もう素直に人の幸せを祝福することは

難しいのかな…

気持ちは祝福してるんだけど

どうしても妻への想いが出てきてしまう

こうなる前までは、誓いの言葉なんて

形式的なものとして聞き流していたけど

今は『病めるときも』が強く響く

そこまでの覚悟もなく、ただ決まりとして

誓ったあの日だったけど

そこだけは守ったよ

そこだけは守れたよね

最期まであの日の誓いを守れたことが

僕にとっての慰めになっています

夫婦でいれたことが支えになっています

でもやっぱり決して戻れない日々が悔しい
DSC_0065-4f73e.JPG

この記事へのコメント